呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

呼吸器外科と呼吸器内科の違いや、専門性があるため都市圏の大きな病院で、医師の求人募集されることが多いのです。

Topics
呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

あまり聞き慣れない呼吸器外科での求人事情

普段あまり耳にする事のない呼吸器外科ですが、少し調べていると呼吸器内科という専門のところもあります。病院でも、そういったよく事情が把握できないところの求人事情を中心に書いてみたいと思います。まず、呼吸器外科と呼吸器内科の違いは、外科の方は、呼吸器の診察、検査をして状況に応じて、手術をして治療していくところです。呼吸器内科は、同じように呼吸器の診察、検査をするのですが、手術せずに薬による治療をするところです。普段の生活で、咳、喘息などで呼吸が苦しい場合は、風邪かなと思い、近くの個人でされている医院に行って薬をもらう程度です。しかし、呼吸が苦しい場合が長く続けば、呼吸器外科や呼吸器内科に行かなければなりません。

そういった科があるところは、大きな病院にしかありません。また専門性が高いために、求人募集には地域差が結構あります。つまり、呼吸器外科は、都市部の大病院に集中しているのが現状です。そのため、インターネットで調べてみても、医師の求人数は他の科よりも少ないのですが、条件・待遇面では少し良いのかなといった印象です。また外科は、緊急の患者が運ばれてくる場合が多いので、内科よりも給与が高いように感じます。しかし、調べていく内に、医師の求人は、常勤、非常勤問わず見かけるのですが、看護師についての求人は、あまり見かけません。病院全体で、看護師の求人募集は、逆にものすごく多いのですが、やはり科が少なかったり、また専門的な知識を必要としているのかと推測します。

■注目の情報

Copyright (C)2017呼吸器外科の求人を見て抱いた不安.All rights reserved.