呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

呼吸器外科で働く事は、とても大変な事。求人があっても勇気がいると思う。でも働き甲斐があるかも。

Topics
呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

呼吸器外科の求人はキャリアアップには欠かせないと思う

私は、40代の看護師です。今まで、外科、手術室で働いた経験がありますが、その時、呼吸器外科の肺癌の手術の経験も、外科病棟での術後の看護の経験もありました。呼吸器の手術は、患者さんのリスクなど、大変な面もたくさんあるし、術後のケアも、重要になってきます。看護者にとって、ストレスも多く、術前、術中、術後共に、すごく気の使う仕事になります。そんな呼吸器外科で働くことは、大変なことだと思うし、求人があったとしても、積極的に、看護師が集まるのは、難しいことかもしれません。

しかし、看護師としてのキャリアをアップさせたかったり、本当に必要な技術を身につけるには、とても勉強になる場所だと思います。呼吸器外科は、難しい分野で、重労働で、ストレスが多い分、学びの場としては、大変な事以上に多くの事が学べる場になると思います。

特に、若く、独身で、自分の時間がたくさんある方は、呼吸器外科は、挑戦して欲しいと思う分野です。若いうちに苦労し、身につけた経験は、その後、どんな分野の仕事についても、大きく良い結果となって返ってくることを、40代の今になって、私自身が身をもって経験しているからです。若い時に、手術室と外科で身につけた経験と知識は、現在働いている老人介護の仕事でも、とても役に立ち、一生の宝ものだと思っています。難しいと決め付けず、自分のキャリアアップを、目指すために、呼吸器外科でのお仕事をおすすめします。

Copyright (C)2017呼吸器外科の求人を見て抱いた不安.All rights reserved.