呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

求人誌で見つけた呼吸器外科の医療事務スタッフの募集に興味を持ち、事前に調べたことがあります。

Topics
呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

呼吸器外科の求人を見つけて調べたこと

医療事務スタッフの仕事というと、病院の受付に立ち、そこで患者様を笑顔でお出迎えして、院内のご案内やお会計をさせていただくことが主です。これは内科、小児科、外科など、どんな科でも同じ務めです。私はこの医療事務の資格を持っているのですが、これを活かして就職を決めるにあたって、ある1つの疑問を持ちました。それは、いくら同じ仕事であったとしても、目にする患者様の疾患は絶対に違ってくるということです。内科であれば成人の方を中心に、軽度の風邪から重度の疾患までありますし、小児科の患者様は全て子供です。外科であれば傷が表向きに見えるものや、反対に骨の異常で目に見えないものもあり、たとえ医療事務スタッフであっても疾患への理解が必要だと考えました。そんな私は就職活動中、呼吸器外科の求人を見つけたのですが、それについても調べてみることにしました。呼吸器外科という名だけを考えると、呼吸器の疾患において外科的治療を行う科であるという想像をつけることができました。

そして調べていてわかったのは、代表的な疾患として喘息や肺がん、気胸や肺気腫があるとのことで、その年齢層は子供から大人までとありました。結局この呼吸器外科の求人には応募しなかったものの、医療事務スタッフであっても疾患に対する知識と理解は必要だと思います。求人をきっかけに初めて呼吸器外科について調べてみて、新しい知識を得ることができて1つの勉強となりました。

Copyright (C)2017呼吸器外科の求人を見て抱いた不安.All rights reserved.