呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

呼吸器外科という命にかかわる病を診る診療科の求人には、即戦力を兼ね備えた人材の応募が求められています。

Topics
呼吸器外科の求人を見て抱いた不安

病院側から見た呼吸器外科の求人は

病院にはさまざまな診療科がありますが、呼吸器外科で求人をかけるとしたら、医師か看護師ということになると思います。この診療科での診察を必要とする病気というと、肺や胸の疾患ということになりますので、専門の医療知識が必要なことはもちろんのこと、機材の取り扱いにも長けていなければならないと思われます。そのため、医師にしても看護師にしても、即戦力が求められる傾向にあるのではないかと思います。どんな診療科目においても即戦力であることは重要ですが、特に命にかかわる病を診るような診療科の場合、医師にしろ看護師にしろ、なかなか新人を悠長に指導し、育てている時間的余裕がないと思われます。そのため、できることなら経験を積んだ人に応募してもらいたいと考えるのではないでしょうか。

求人募集をする側、つまり病院側としては、呼吸器外科という重い病気を診察する診療科の医師と看護師には、できるだけ有能な人をそろえたいと考えていると思います。直接命にかかわらないところであれば、有能でなくてもいいということではありませんが、病院の信頼を損ねないためにも、ダイレクトに生命を脅かす病を診る科のスタッフは、特に有能であってほしいと思うのは致し方ないことでしょう。医師であれ看護師であれ、キャリアを積んできて仕事に自信のある人なら、呼吸器外科の求人に応募し、そこでバリバリと本領発揮できるのではないかという気がします。その結果、病も治癒へと向かわせることができるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017呼吸器外科の求人を見て抱いた不安.All rights reserved.